塩酸ジブカインは包茎から来る早漏に効果がある

塩酸ジブカインは、局所麻酔する時に使われることが多い成分であり、消毒液に配合されていることもあります。この塩酸ジブカインを使って手軽に早漏を改善する男性が多いです。ペニスで一番刺激を感じる場所である亀頭にその塩酸ジブカインが配合されている医薬品を塗ります。そうすることで亀頭が一時的に麻痺し、早漏を防ぐ効果があります。もちろん正しい使い方をしなければなりませんし、そもそも正しい塩酸ジブカインの使い方ではありません。

ペニスに塗布した後は、麻痺を感じるようになったら一旦塗ってある成分を洗い落とします。くれぐれもそのまま女性の中に挿入しないようにしてください。女性の膣は非常にデリケートですので、そのような成分が悪いということを理解してください。必ず洗い流すことを忘れないで行いましょう。

いつしか包茎は早漏になると言われるようになりました。その理屈は、常に剥けている亀頭と、皮によって通常は包まれている亀頭の強度と刺激の感度力は違うという理論です。通常時でも皮に包まれていない亀頭がそれだけの修羅場をくぐってきていることになります。包茎にもいろんな種類がありますが、包茎の男性で早漏を自覚している人が多いのも事実です。

大切なことは早漏は改善することができます。また包茎も施術を受けることで、常に亀頭を露出したままの生活を送ることが可能です。自分に劣等感を抱いているのであれば、それを改善したほうが良いです。またそのような性器の悩みというのは、特に男性にとっては、女性が想像しているよりも大きな問題になることもがあります。内向的な性格になり、女性にアプローチしなくなるという調査報告もあります。日本の少子化問題にも繋がりますので、劣等感を感じるのであれば改善策を探りましょう。